miscellany morgue secondary

this weblog hold a miscellaneous assortment of things. copyright (C) 2002-2007 linn some rights reserved.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
WEB.PC MISC. TRIVIA PHOTO GAME WEBGAME MUSIC CUSTOM MONO. OTHER INFO.
【ご案内】検索エンジンで飛んで来られた方は右の[SEARCH]をご活用ください。
最近、JUGEMサーバー不調のためたいへん接続し辛くなっております。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ご容赦の程をよろしくお願いいたします。
HOME
Posted by スポンサードリンク at

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink - - - TOP
Posted by linn at 19:09
Fahrenheit911巷で話題の映画「華氏911」。
あちこちのブログで「観ました」記事を見ました。
まあ内容に関しては賛否両論のようですが、
あたしはまだ観てないもので何も言えないわけで、
「観てません」記事でも書こうかな。
いや、冗談ですけど。

言葉としての「華氏」にスポットでも当ててみますか。
物理苦手だったので習ったはずなのに忘れてるし、
ちょっと復習がてら色々調べてみたわけです。
というわけで、恥ずかしながらの個人的メモってことで。

「華氏」は「Fahrenheit氏」という物理学者が創始者であることは有名ですよね。
学校で習った記憶もあります。 単位は「 °F」(今思い出したんですけど)。
一説に、人間の血液の温度を96度、氷と食塩の混合物の温度を0度として目盛りを刻んだと。

「華氏」の読み方は(かし)ですが、「Fahrenheit」(ファーレンハイト)から
どういう経緯で「華氏」(かし)と訳され読まれるようになったのか。
そこんとこが気になったわけです。

  • 「ファーレンハイト氏」から「カ氏」へ言葉の世界さん)

  • 創始者のドイツの物理学者ファーレンハイト(Gabriel Daniel Fahrenheit)
    の名に中国で華倫海の字を当てたことから(中略)
    それでは中国語の「華」はなんと発音するのだろうか。
    「中日辞典」(小学館)を引いてみると、「華」の発音は「hua」であることがわかる。
    つまり「ファーレンハイト」の「ファー」に「華」(hua)の字を当てたのである。
    あいや、中国語からですか知りませんでした・・・「華」は(hua)と発音するんですね。
    そして「ファー」が(hua)、ごもっともです。 「華」が使われる理由は解りました。
    当時の日本語には(中略)[ha]に相当する音節がなかったので、
    「呵」の字音を、それに最も近いと認められた[ka]で写したのである。
    これを踏まえると、(hua)が(kua)になるわけですね。
    これに旧仮名遣いの音を当てはめると・・・
    ここで、ラフカディオ・ハーン「怪談」(岩波文庫)で、「怪談」の原題を調べてみよう。
    「怪談」の原題は「Kwaidan」である。つまり「怪」(くわい)は「kwai」なのである。
    ということは旧仮名遣いの(kua)が新仮名遣いで(ka)にってことですか。
    それで漢字の「華」が(か)と読まれるように・・・なるほど納得です。

    まとめると「ファーレンハイト」→「ファー」→中国語の「華」(hua)→
               →日本語の旧仮名遣い(kua)→日本語の新仮名遣い(ka

    これで本来「ファ氏」なんじゃ?って思ってた (すみません思ったことないです)
    「華氏」の読みが(かし)である理由が解りました。

    余談ですが、
    「摂氏」(せっし ℃)の場合は創始者 Celsius(セルシウス)からですよね。
    こちらの基準は1気圧で氷が固まる温度を0度、水が沸騰する温度を100度として
    100等分にしたそうです。(当初は氷点を100度、沸点を0度と逆だったらしい)

    また、摂氏が正式に生まれる前に上記の等分を80等分にした「列氏」(れっし)というものも。
    これは考案者 Reaumur(レオミュール)から。 単位は「°R」。
    これらは華氏と違い、どちらも考案者の名前の読みからそのまんま日本語になってます。

    さて、すっきりしたところで華氏摂氏を簡単に変換してくれるページをご紹介。
  • 華氏摂氏変換マシーン


  • 役に立つ機会は・・・あまりなさそうですかね?
    permalink TRIVIA comments(2) trackbacks(0) TOP
    Posted by スポンサードリンク at 19:09
    permalink - - - TOP
    はてなRSSに登録 はてなブックマークに登録 del.icio.us digg YahooMyWeb De.lirio.us NewsVine Netvouz Spurl TailRank Wists blogmarks blinkbits BlinkList Simpy Reddit co.mments connotea feedmelinks LinkaGoGo Ma.gnolia RawSugar scuttle Shadows Smarking Furl Fark
    • ■→に表示されている(orいれば)キーワードでこの記事は検索されました。 by blog seo tool : track word 
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  

    この記事に対するコメント    [Edit] [Comment] [Trackback]

    ファーレンハイトの中国語表記が「華倫海」
    セルシウスの中国語表記が「摂爾思」
    kozy | 2004/08/30 9:09 AM
    情報ありがとうございます。
    追って調べてみたところ、
    Fahrenheit は1番目の引用の通り「華倫海」で、音は(ファー ルン ハイ)、
    Celsius は「摂爾修斯」ともあり、音は(シャ ル シゥ シ)なんですね。
    「華僑」も音は(huaqiao ファー キャォ)だったり。

    今回の hua が日本語の音で ka になったように、
    日本に入ってきた段階で変化したものも多いようですが、
    中国語ってなんとなく読めてしまうのでおもしろいですね。
    linn self-comment | 2004/08/30 4:53 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック